FC2ブログ

アーカイブス情報(カテゴリー・月別)

スポンサーサイト

 ※この スポンサー広告 の投稿記事の履歴を見る!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原子力の平和利用」 は本当にあるのだろうか……?

 ※この 原子力について の投稿記事の履歴を見る!

 昨年の東日本大震災、原発事故で、尊い命を失われた多くの方、大切な家族や生活の基盤を失われ、今、なお、仮設住宅暮らしで再建の目途さえ見いだせない大勢の方々。
 福島第一原子力発電所の事故により、先祖伝来の故郷を奪われ、避難先での苦難の生活を送っておられる方、また、進まぬ除染の中で、放射性物質の恐怖と戦いながら生活を送っておられる方々に……

 どれだけ言葉をつくし、お見舞いを申し上げてみても……
 所詮、虚しく響くのみ……だろうと空しさと、悲しみを覚える。
 その方々の、何が解ると言えるのだろうか……?
 到底、その方々の生活をそして、心を癒せるののではない。

 強大な自然の猛威に、なす術もなく……
 完膚無きまでに痛めつけられた生活と自然
 しかし、時の経過とともに息吹を始める、自然と人々……

 だが、放射性物質に奪われた自然と生活は……
 いったい、どうしたら、取り戻すことができるのだろうか……。

 福島第一原子力発電所の事故により、原子力の平和利用と言われる「原子力発電」の安全神話は、脆くも崩れ去った。
 今回の事故は「想定外の災害」であったと位置付け、今まで安全神話を推進してきた、政治家も学者達も、本当にその責任を感じる方々は少ないように思われる。

 自然の猛威、そして、原子力発電所の未曾有の事故……、今なお、薄氷を踏むような状況を続けている原子炉、撒き散らされた放射性物質の底知れぬ恐怖……。

 私達地球人類はこの事態を、どのように考え、受けとめ、対処すれば良いのだろうか……?

 期せずして、今春、稼働中の原子力発電所がゼロとなる時期があった。
 「原発再稼働反対」の国民の声と運動が大きく湧きあがった。

 しかし、
 「安全が確認された」、
 「経済の安定のため」、
 「国民の生活を守るため」等々……には原子力発電は絶対に欠かせない……。
 政府、財界は一体となり、その声、動きを無視し再稼働へと突き進んだ……。

 私は、思う……。
 自然の猛威、そして、原子力発電所の未曾有の事故……、
 これは、私達人類に対する神様からの警告、語りかけではないのだろうか……と。
 こんなことを言うと、すぐに、宗教とか信仰とか……で片づけてしまう方も多いと思うが。
 
 私は「原発」について専門的知識は無い。その知識は、ごく一般的な人、程度だと思う。
 まことに素朴な疑問であるが……

 「安全が確認された」、本当に、安全が確認されたのだろうか?
 「安全神話」が脆くも崩れ去った事実を忘れたかのような、政治家や関係者の発言は虚しくて涙がでる。今回以上の地球の大変動が、災害が起こらないとどうして確信できるのだろうか……?

 「電源が確保されているので」安全……。
 福島第一原子力発電所の場合は、地上になんとか形を留めた……世界中の智恵を集め多くの人々の決死の努力を注ぎ、それで今の状態である。
 その設備そのものが破壊されたら……、全てが地中に埋没してしまったら……、いったいどのような事態になるのだろうか……?、考えただけでも身の毛がよだつ……。

 「国民の生活を守るため」、「経済の安定のため」と声高に説明される……。
 福島第一原子力発電所の事故により、破壊された、自然そして国民の生活……。事故の終息、自然、生活の回復の目途も立たぬ状況を知りながら、再び同じような状況になるかも知れない「再稼働」を推進することが、どうして「国民の生活を守る」ことになるのか私には理解できない。

 臆病なくらい、慎重に対処し、国民に協力を呼びかけることの方が、真に「国民の生活を守る」ことになるのではなかろうか……?そして、それこそが「真の勇気」、「真の政治」と言えるのではないだろうか……?
 「消費税増税」等より遙かに次元の違う尊い「政治判断」ではないかと思うが、私の認識違いであろうか……?

 また、「原発反対」、「再稼働反対」と活動を続けておられる方も多勢おられる。
 その原動力となっているものは様々と思うが、基本的には「安全で無い」という部分が根底にあるように思う……。

 私も、以前より「原子力発電」に対しては反対の気持ちが大きかった。その根底にはやはり、「安全なものでは無い」から……、と言うものであった。
 しかし、このブログで紹介している「オイカイワタチ」を読み進めていくうちに、少々違った捉え方が出来るようになってきた。

 原発反対の基本的なものが、「安全で無い」と云うことであるなら……、「安全なもの」なら、本当に「安全の保証」があれば良いということになるではないか……。

 まことに乱暴な言い方かもしれないが、賛成、反対、どちらも、その根底には、自分(人類)たちの都合という思いが存在しているのではなかろうか……?
 宇宙の真理(神の心)から見た場合、どのように考えるべきなのであろうか……?

 このことに関連して「オイカイワタチ」に興味深い記述があるので紹介したい。

  (「オイカイワタチ 第一巻」 昭和50年6月16日 印刷発行 P218~P222より抜粋)

◯原子の平衡はかき乱されてはなりません。それは自然の破壊です。原子の破壊は悪魔の
 力なのです。

◯現代地球の専門家達は、原子時代に入りつつあると考えています。これは、いかに専門
 家達が愚かであるかを証明するものです。それは、人間によって知られた最も短い時代
 となるでしょう。というのは原子分裂は破壊的な力であって、絶対に建設的には用いら
 れないからです。
  原子を分裂させることは、太陽系を分裂させるようなものです。なんとなれば、原子
 は太陽系の構成成分以外の何物でもないからです。これは太陽系を混乱に落とし入れま
 す。これは、みなさん方を生命発生の第一段階まで逆戻りさせるのです。

 以上のように書かれている。
 賢明な読者の方々のご判断の参考になることを祈る。



 なを、興味のある方は、是非、原本をお読みいただくことをお勧めします。
WebにもPDFファイルでアップロードされています。
    オイカイワタチ 第一巻(本書)」 へどうぞ!

テーマ : 「生まれ変わる地球」ワンダラーの使命
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


管理人:竹佐 美智昭
出身地:島根県浜田市
現住所:岐阜県海津市
当サイトへようこそ!
facebook(フェイスブック)で、
“心の同志” 求めます!
是非ご覧下さい。─ メッセージ


(注)文中のルビがブラウザーにより( )内表示となり、段落、改行が不自然となる場合がありますのでご了承ください。

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。