FC2ブログ

スポンサーサイト

 ※この スポンサー広告 の投稿記事の履歴を見る!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常気象について考える

 ※この 思うこと の投稿記事の履歴を見る!

-島根西部で記録的豪雨-
日本海に停滞している前線の影響で、島根県西部では記録的な豪雨となっている。
降り始めからの総雨量が450mmを超えるところも出ていて、各地で土砂災害などが発生している。
島根県西部では、前線の影響で、23日から断続的に強い雨が降っていて、江津市桜江町で1時間に92.5mmの猛烈な雨を観測した。(中略)午後1時現在、島根県では江津市や邑南町など5つの市と町のおよそ1万6,500世帯、3万7,200人に避難指示と避難勧告が出されている。
気象庁は、今回の島根県の大雨が、7月28日に山口県と島根県で降った「経験のないような大雨」に匹敵するとして、「命を守る行動を取るよう」呼びかけている。(後略)
                                FNN(フジニュースネットワーク)より

 私はこの豪雨の直中に居た。
 5年ぶりに開かれる同級会に出席するため帰省していたのである。私の故郷は合併で今は浜田市となっているが浜田市の南端に位置し山中の過疎の地である。
 海沿いに位置する浜田市街や記録的豪雨となった江津市とは多少気象条件が異なるかも知れないが、それでも恐ろしいくらいの降り方であった。その降り方もさることながら23日の夕方より24日の夕方まで降り続いたのである。家の前の庭は土手から流れ出す水で川のようになっていた。後で見るとあちこちの道路や田んぼの土手が崩れていた。幸い近所では大災害とはならなかったようである。

 これを伝えるニュース(前述)にもあるように、最近、「経験のないような大雨」とか、「観測史上最大の雨量」とか…言われることを耳にする事が多い。
 かっては、1時間当たりの雨量が40~50㎜は大災害をもたらす程のものとの記憶がある。しかし昨今は100㎜を越えるとの報道も珍しくない。
 かと思えば、かってない程の小雨でダムは枯渇し水道用水、農業用水の断水の危機に瀕している所もある。
 また昨日(2日)は埼玉県、千葉県で竜巻が大きな被害をもたらしている。
 「今年の猛暑、豪雨はやはり異常気象」と気象庁が発表している。しかし、改めてそう言われなくてもその異常さには皆が気付いているのではないだろうか。
 この状況は日本に留まらず世界中いや地球全体の現象であることは周知の事実である。

 テレビや新聞ではその原因について最新の技術を駆使し解説している。たしかに気圧配置がどうとか、積乱雲がどうとか詳しく説明している。
 しかし、それはあくまでも現象に対するメカニズムの説明でしかないのではないだろうか。
 なぜ、そのような、かってないような現象が発生するのかという根本的な原因の説明は殆どなされていないのではないだろうか。勿論、その大きな原因の一つと言われている地球の温暖化等対する警鐘等はあるが多くの人々関心は今一つ薄いのではないだろうか。

 「異常を関知したらとにかく逃げなさい!」
 確かに目前の対策としてはもっともな提言である。しかし、逃げるところがない時はどうせよと言うのか…。

 独断と偏見で言うならば…。
 この異常気象という現象は地球の自然治癒の現われではないかと思えるのである。あるべき本来の姿に還ろうととする働きではないのでしょうか。
 地球上に人類が異常増殖(表現は悪いが)しその欲望が、人類の幸福向上とゆう名の元に続けてきた行為が、地球上の生命のバランスを崩し、その存在の根本である地球のバランスをも崩すに至った事がその根本原因では無いだろうかと思うのです。
 その事に人類が気付き、根本的に改めない限り、この異常現象はますますその凄まじさを増しながら人類に迫って来るのではないのでしょうか。
 もはや、修復出来る現界に限りなく近づいていると思えるのです、いや、すでに越えているのかも知れないとさえ思うのは私一人なのでしょうか。
 
 その現界を越えた時、地球は人類の棲める所ではなくなり、逃げるところも無くなるでしょう。それは阿鼻叫喚あびきょうかんの悲惨な姿を見なければならない事となるでしょう。
 人類の滅亡をもたらす要因は、原水爆(原子力発電等も含め)だけでは無いことを知らなければならないと思います。

 悲観的な事ばかり述べたようで申し訳ないのですが、目をそらしてはならない事実ではないかと思うのです。
 この異常気象を始め諸々の現象は、人類への重大なメッセージでもあり、また地球の悲鳴ではないかとさえ思えるのです。

 勿論、私自身も人類の一員であり、その原因を作ってきた張本人の一人です。
 地球も地球上の全生命も運命共同体であります。
 誰の責任とかを論ずる時はすでに過ぎ、人類全体のの責任として向かわなければならない期であると思うのです。

 では、どうすれば良いのでしょうか!
 この危機を脱し地球を、人類を救う方法は無いのでしょうか…?

 私は「有る」と信じます。
 それは、先ず、一時も早く一人でも多くの人々ががこの事(真実)に気付くことではないかと思うのです。
 そして…、人類の犯した過ちに気付き、あるべき姿(真)に還らなければとの思いが満ちた時、新たなる道が世界が開かれると信じています。

 それは……、
スポンサーサイト

テーマ : 「生まれ変わる地球」ワンダラーの使命
ジャンル : ライフ

「宇宙船天空に満る日」を迎えるために・・・

 ※この 思うこと の投稿記事の履歴を見る!
その日、その時、
地球を覆うほどに膨大な数の “宇宙船” と “空飛ぶ円盤” が訪れる。
地球の人類同胞は、決してあわてたり恐れたりする必要はない。
彼ら宇宙船と宇宙人は地球を攻撃に来たのではない
限りなき愛と真理まことの援助の手を差し伸べに来たのである。
彼ら宇宙人は、この太陽系は勿論、別の太陽系からもまた他の銀河系宇宙からも、はるばる地球とそこに住む人類を救うために訪れてきたのである。
新しく生まれ変わる地球と人類に対し、愛と真理まことの時代の訪れを告げるためにやって来たのである。
それは神様の久しく待たれた “約束の時” である。
その時、天からは大いなるラッパが鳴り響くであろう。
聞けそのラッパの声を!!


渡邊 大起 著 「オイカイワタチ 第一巻(本書)」より

これは、渡邊 大起著「オイカイワタチ 第一巻(本書)」の、最初に書かれている言葉です。
さらに、渡邊 大起著「宇宙からの黙示録」(徳間書店)、
     渡邊 大起・山本 耕一共著「宇宙船 天空に満る日」(徳間書店)
の冒頭にも掲げらられている文章であります。
読者の中には、SF小説か、荒唐無稽の物語の初めのプロローグの様に感じられた方もあるのではないでしょうか?
しかし、
これは、地球人類にとって極めて真面目で重大なメッセージであると、
今、私は思っています。

そのことを理解していただくために、
前記「宇宙船 天空に満る日」(190~191頁)より、引用させていただきます。

波線168

  それもそのはず、この文章は、前著『宇宙からの黙示録』に掲げ、また本書の冒頭に
 も掲げた文章と、そっくり同じである。
  前著を読まれた読者の中には、この文章を、なにか、本全体の印象を強めるための単
 なる修飾文のように受けとった方もおられるようであるが、それはとんでもない誤解で、
 これは、正真正銘これから起こることなのである。
  前著と本書を合わせると、四百ページ以上の文章量となるが、これだけのページ数を
 通じて、私たちが読者の方々に伝えたいことは、結局あの文章そのもの、また、さらに
 絞れば、
  『地球人類同胞は、けっしてあわてたり恐れたりする必要はない。
   彼ら宇宙船と宇宙人は地球を攻撃にきたのではない!限りなき愛と
  援助の手をさしのべにきたのである』
 という部分に要約される。

  極端にいうなら、本書の他の部分は全部忘れ去っていただいてもかまわない。
  しかし、現実に、宇宙船が天空に満ちる日、『攻撃にきたのではない!』というこの一
 節を、記憶の中から浮かび上がらせていただきたい。
  これが、本書の唯一の目的てあり、また役割である。
  現実に、天空に満ちる宇宙船を目のあたりにして、しかも平常心を保つのは、なかな
 かたいへんなことかもしれない。さらに、地上では、すべての文明機能がストップして
 しまうとなればなおさらであろう。
                                  以上(参照終わり)

波線168

 正直に言えば、私自身も今現在、頭では理解していても心から本当に信じ切れているわけではありません。
 しかし、オイカイワタチの各書籍を改めて読ませていただくに従い「間違いない」とは思えるようになってきました。と同時に、「真に目覚める」、「魂の語る真が判る」ということがいかに難しいかを思い知らされる今日この頃です。
 心と意識と肉体が「真の魂」とつながるということの難しさを・・・

 1991年8月にすべての『儀式(聖戦)』が終了し、20年余経過した今日、その時は極めて近い日であると言えるでしょう。しかし、地球人類(私も含め)の「目覚め」はいまだ・・・。

 私は、私自身の学びのために、そして、このことにより、一時も早く、より高く「目覚め」、「使命が解り、それを果たす」ことができるようにとの願いをこめて……、オイカイワタチの各書籍を少しずつここに、書き写させていただきます。

 訪れていただいた一人の方にでも、もし、「宇宙の真実」にふれていただける切っ掛けになれば、さらなる幸いです。

テーマ : 「生まれ変わる地球」ワンダラーの使命
ジャンル : ライフ

思うこと-2  「その日 その時」 -ワンダラー最後の使命-

 ※この 思うこと の投稿記事の履歴を見る!
 この小冊子は、万たるワンダラーの活動が開始された1980年、いわゆる万たるワンダラーに聖火を点火する儀式“オイカイワタチ大講演会”が開催されてから12年後(1992年)に行われた「ワンダラー最後の使命」講演会の講演記録です。

       講演記録  その日 その時
                 ── ワンダラー最後の使命 ──
                             渡 邊 大 起 著     

その日 その時


 「思うこと-1」で延べたように、この講演会が行われた時点では、私は一身上の都合(今思えば我欲)でワンダラーの活動から遠ざかっていたので、この講演会のことは知りませんでした。
 そして、20年の歳月が経過し、幸いにも再び縁(目覚めの霊感)をいただき、その内容に触れることが出来たのです。この現象界大浄化の最終段階ともいえるこの時に、再び縁(目覚めの霊感)をいただけたと言うことは、天の神様の大愛、サナンダ様はじめ神々様、善なる宇宙の方々のお導きと深く感謝すると共に、この30年にわたり、目覚めることが出来ず、使命も判らず我欲の生活に時間を費やして来たことを悔い、深く反省しています。

 今度こそ、「真に目覚め、命を賭して使命を果たす覚悟が出来ました」と宣言をいたします。
 とは言え、いまだ、“真の目覚め”とはほど遠い状況であります。自分がワンダラーとして使命を頂いて来たのか、あるいは、ルシファーの旅人としてこの地球で転生してきたのかさえ今の私には解りません。したがって、もしワンダラーとして使命を頂いて来たのであっても、その使命が今の私には解りません。

 しかし、この講演記録を含む、オイカイワタチの全書籍に延べられている、「すべての創造主である天の神様」「宇宙人・宇宙船」「進化の大周期の世の終わり、新しい世の到来」等々は間違いのない真実であると思います。

 私自身の“学び、真の目覚め”のために、この「講演記録」を書き写して見ようと思います。
 そして、このブログに訪問いただいた1人の方にでも“真の目覚め”の切っ掛けになれば幸いと思います。

 なを、興味のある方は、是非、原本をお読みいただくことをお勧めします。
WebにもPDFファイルでアップロードされています。
    こちらからどうぞ!

テーマ : 「生まれ変わる地球」ワンダラーの使命
ジャンル : ライフ

思うこと-1 それは神様の久しく待たれた“約束の時”である

 ※この 思うこと の投稿記事の履歴を見る!
その日、その時、
地球を覆うほどに膨大な数の“宇宙船”と“空飛ぶ円盤”が訪れる。
地球の人類同胞は、決して慌てたり恐れたりする必要はない。
彼ら宇宙船と宇宙人は地球を攻撃に来たのではない限りなき愛と援助の手を差し伸べに来たのである。
彼ら宇宙人は、
この太陽系は勿論、別の太陽系からもまた他の銀河系宇宙からも、はるばる地球とそこに住む人類を救うために訪れてきたのである。
新しく生まれ変わる地球と人類に対し、愛と真理(まこと)の時代の訪れを告げるためにやって来たのである。
それは神様の久しく待たれた“約束の時”である。
その時、天からは大いなるラッパが鳴り響くであろう。
聞けそのラッパの声を!!

渡邊 大起 著 「オイカイワタチ 第一巻(本書)」より


 これは、渡邊 大起著「オイカイワタチ 第一巻(本書)」の、最初に書かれている言葉です。読者の中には、SF小説か、荒唐無稽の物語の初めのプロローグの様に感じられた方もあるのではないでしょうか?しかし、これは、地球人類にとって極めて真面目で重大なメッセージであると、今、私は思っています。

 私が、「オイカイワタチ」を最初に知ったのは、昭和55(1980)年暮れ~昭和56(1981)年の春頃でありました。その当時、私は、「健康生活と安全な食料生産をめざす」グループに参加し活動していました。

 共に活動していたある友人から、昭和55年11月16日名古屋市 桜華会館にて行われた、渡邊 大起氏の講演会の録音テープと、小冊子、“終末の時を迎えて”あなたの使命は開始された!” を、「是非、勉強してみたら」と渡されました。

 これが、「オイカイワタチ」との出会いでした。

 早速、テープを聴き、本もを読んで見ましたが全く奇想天外な内容で頭が混乱した記憶があります。しかし、何か惹かれる物を感じました。

 私は、その当時、オイカイワタチ出版会のある春日井市よりあまり遠くない所に住んでおり、早速、渡邊氏にお電話し、事務所にお伺いいたしました。昭和56年5月2日(本の裏表紙に入手日が記入してありました)のことです。相当に長い時間(2~3時間位と記憶)お話を伺い、「オイカイワタチ」第一巻~第四巻の4冊を分けて頂きました。

 真に目覚めていたわけでもなく、霊感を受けたわけでもないのに突然伺い、貴重な時間をさいていただき、今、考えれば全く身の程知らずの行動であったと冷や汗がでます。

 その後、数人の仲間と勉強会などを開いていました。

 その後に発行されました書籍、
  「オイカイワタチ 第五巻」
  「宇宙からの黙示録」
  「ワンダラーの足跡」
  「最後の扇」
  「ワンダラー通信」 等も読ませていただきました。

 しかし、今思い起こして見ますとそのような経過のなかにあっても、私の心と意識と肉体は「真の目覚め」の方向には全く向かっていなかったのだと思います。「オイカイワタチ」の上辺だけをとらへ、興味が先走り、その奥に述べられている「真」が解らず、ただ知識としてとらえ、極論的に言うならば、利用しようとさえ思っていたのではなかったかと思います。天の神様の御心に背き、善なる方々のお導きを踏みにじる愚かで罪深き事でありました。

 平成2年7月22日(1990)名古屋市教育館講堂で行われた「出発の儀式」に参加させていただいたのを最後に「オイカイワタチ」から遠ざかることになってしまいました。
 今思えば、違う方向(真の道でない……。)へ出発してしまったようです……。

 その原因は、私の身辺に起こってきた一身上の出来事です。
 今、思い起こしてみるとなんと愚かな事であったと思えるのですが・・・、その当時は、「世のため人のため」と思いこみ自身をもって突き進んで行きました。
 しかし、それはまさに、自分中心の我欲そのものであったのだと思います。そして、当然の結果として、暗黒の淵に転落しもがき苦しむ様を演じる事となりました。

 それから20余年、一時は「私の人生はもう終わりだ……。」と絶望の淵でもがき苦しんだ時期もありましたが、多くの人々の助けをいただき、何とか岸に這い上がれたのではないかと思う今日この頃です。その間、「オイカイワタチ」のことは思い出す暇さえありませんでした。全く、真に目覚めていなかった証拠だと思います。

 ところが、昨年、平成23年の8月の事です。誠に失礼な言い方で申し訳ないのですが、お付き合いで参加したある集会でお話を聞いているうちに急に「オイカイワタチ」の事が思い出されました。
 家に戻り早速、昔の本を引き出し、読み返して見ようと思いました。そして、ネットで「オイカイワタチ」の情報を探しました。
 私が眠りこけていた間も、大勢のワンダラーの方々が愛と真の活動を続けておられることを知りました。さらに、渡邊 大起先生の御魂が天に帰られた事も知りました。

 手元にあった、渡邊先生の講演テープを何度も聞き返し、「オイカイワタチ」の第一巻から、手元にある書籍をむさぼるように読み返しました。なんと、昔、聞いたはず、読んだはずなのに、初めてのような感激を覚えました。

 この世に生を受けてから今日までの自分の人生を静かに振り返ったとき、いかに自己中心で我欲の人生であったかという事を思い知らされました。

 また、この20余年の事を思い返して見たとき……、まさに、私の魂を覆い尽くしていた我欲のカルマが、「根のカルマ」を解いていただけた事により浮かび上がり目に見える形となって襲いかかってきたものであったと気づきました。

 そして今、眠りこけていた私に、再び「オイカイワタチ」の縁をいただけた事は、正に、天の神様の大愛と、サナンダ様を総帥とする善なる方々の愛と真のお導きによるものと深く感謝しています。「今度こそ真に目覚め、使命を果たす覚悟ができました」と宣言いたしました。

 しかしながら、私の心と意識と肉体は、いまだ、自分の魂の語る真が判りません……。

 正直なところ、私の魂がワンダラーとしての使命をいただいてこの地球に来たのか、あるいはルシファーの旅人として、この地球で転生してきたのかさえ今の私には解りません。いずれ気づく時があると信じていますが……。
 ときには、「真に目覚めたい、使命を果たしたい」というその心が、我欲のカルマを作ってさえいるように思うときがあります。
 しかし、今思うことは、どのような魂であるにせよ「オイカイワタチ」で述べられているように、天の神様、サナンダ様を信じ、のんきの心をもって心に沸く思いを素直に実行して行こうと思っています。

 私の今の段階でできることは、一人でも多くの方に「オイカイワタチ」のこと、「地球の進化の大周期の世の終わりと新しい世への生まれ変わり……」、のことを知っていただく事だと思いました。そして、今の私に何が出来るかと考えたとき、このブログを立ち上げることを思いつきました。

 このブログの目的は、一人でも多くの方に「オイカイワタチ」を知っていただく事です。
 私のような回り道をせず、己の魂に目覚められますことをお祈りいたします。

 どうか、原書、関連書籍にふれ、1人でも多くの方々の“真の目覚め”のきっかけになれば幸いです。

        オイカイワタチ 書籍案内ページ

テーマ : 「生まれ変わる地球」ワンダラーの使命
ジャンル : ライフ

「オイカイワタチ」 との縁について (このサイトの目的)

 ※この 思うこと の投稿記事の履歴を見る!

 私が、「オイカイワタチ」を最初に知ったのは、昭和55(1980)年暮れ~昭和56(1981)年の春頃でありました。その当時、私は、「健康生活と安全な食料生産をめざす」グループに参加し活動していました。

 共に活動していたある友人から、昭和55年11月16日名古屋市 桜華会館にて行われた、渡邊 大起氏の講演会の録音テープと、小冊子、“終末の時を迎えて”あなたの使命は開始された!” を、「是非、勉強してみたら」と渡されました。

 これが、「オイカイワタチ」との出会いでした。

 早速、テープを聴き、本もを読んで見ましたが全く奇想天外な内容で頭が混乱した記憶があります。しかし、何か惹かれる物を感じました。

 私は、その当時、オイカイワタチ出版会のある春日井市よりあまり遠くない所に住んでおり、早速、渡邊氏にお電話し、事務所にお伺いいたしました。昭和56年5月2日(本の裏表紙に入手日が記入してありました)のことです。相当に長い時間(2~3時間位と記憶)お話を伺い、「オイカイワタチ」第一巻~第四巻の4冊を分けて頂きました。

 真に目覚めていたわけでもなく、霊感を受けたわけでもないのに突然伺い、貴重な時間をさいていただき、今、考えれば全く身の程知らずの行動であったと冷や汗がでます。

 その後、数人の仲間と勉強会などを開いていました。

 その後に発行されました書籍、
  「オイカイワタチ 第五巻」
  「宇宙からの黙示録」
  「ワンダラーの足跡」
  「最後の扇」
  「ワンダラー通信」 等も読ませていただきました。

 しかし、今思い起こして見ますとそのような経過のなかにあっても、私の心と意識と肉体は「真の目覚め」の方向には全く向かっていなかったのだと思います。「オイカイワタチ」の上辺だけをとらへ、興味が先走り、その奥に述べられている「真」が解らず、ただ知識としてとらえ、極論的に言うならば、利用しようとさえ思っていたのではなかったかと思います。天の神様の御心に背き、善なる方々のお導きを踏みにじる愚かで罪深き事でありました。

 平成2年7月22日(1990)名古屋市教育館講堂で行われた「出発の儀式」に参加させていただいたのを最後に「オイカイワタチ」から遠ざかることになってしまいました。
 今思えば、違う方向(真の道でない……。)へ出発してしまったようです……。

 その原因は、私の身辺に起こってきた一身上の出来事です。
 今、思い起こしてみるとなんと愚かな事であったと思えるのですが・・・、その当時は、「世のため人のため」と思いこみ自身をもって突き進んで行きました。
 しかし、それはまさに、自分中心の我欲そのものであったのだと思います。そして、当然の結果として、暗黒の淵に転落しもがき苦しむ様を演じる事となりました。

 それから20余年、一時は「私の人生はもう終わりだ……。」と絶望の淵でもがき苦しんだ時期もありましたが、多くの人々の助けをいただき、何とか岸に這い上がれたのではないかと思う今日この頃です。その間、「オイカイワタチ」のことは思い出す暇さえありませんでした。全く、真に目覚めていなかった証拠だと思います。

 ところが、昨年、平成23年の8月の事です。誠に失礼な言い方で申し訳ないのですが、お付き合いで参加したある集会でお話を聞いているうちに急に「オイカイワタチ」の事が思い出されました。
 家に戻り早速、昔の本を引き出し、読み返して見ようと思いました。そして、ネットで「オイカイワタチ」の情報を探しました。
 私が眠りこけていた間も、大勢のワンダラーの方々が愛と真の活動を続けておられることを知りました。さらに、渡邊 大起先生の御魂が天に帰られた事も知りました。

 手元にあった、渡邊先生の講演テープを何度も聞き返し、「オイカイワタチ」の第一巻から、手元にある書籍をむさぼるように読み返しました。なんと、昔、聞いたはず、読んだはずなのに、初めてのような感激を覚えました。

 この世に生を受けてから今日までの自分の人生を静かに振り返ったとき、いかに自己中心で我欲の人生であったかという事を思い知らされました。

 また、この20余年の事を思い返して見たとき……、まさに、私の魂を覆い尽くしていた我欲のカルマが、「根のカルマ」を解いていただけた事により浮かび上がり目に見える形となって襲いかかってきたものであったと気づきました。

 そして今、眠りこけていた私に、再び「オイカイワタチ」の縁をいただけた事は、正に、天の神様の大愛と、サナンダ様を総帥とする善なる方々の愛と真のお導きによるものと深く感謝しています。「今度こそ真に目覚め、使命を果たす覚悟ができました」と宣言いたしました。

 しかしながら、私の心と意識と肉体は、いまだ、自分の魂の語る真が判りません……。

 正直なところ、私の魂がワンダラーとしての使命をいただいてこの地球に来たのか、あるいはルシファーの旅人として、この地球で転生してきたのかさえ今の私には解りません。いずれ気づく時があると信じていますが……。
 ときには、「真に目覚めたい、使命を果たしたい」というその心が、我欲のカルマを作ってさえいるように思うときがあります。
 しかし、今思うことは、どのような魂であるにせよ「オイカイワタチ」で述べられているように、天の神様、サナンダ様を信じ、のんきの心をもって心に沸く思いを素直に実行して行こうと思っています。

 私の今の段階でできることは、一人でも多くの方に「オイカイワタチ」のこと、「地球の進化の大周期の世の終わりと新しい世への生まれ変わり……」、のことを知っていただく事だと思いました。そして、今の私に何が出来るかと考えたとき、このブログを立ち上げることを思いつきました。

 このブログの目的は、私自身の「真の目覚め」の為、そして、一人でも多くの方に「オイカイワタチ」を通じ、天の神様の御心、サナンダ(イエス・キリスト)様の御心、そして宇宙の真実、を知っていただければと願う事です。
 私のような回り道をせず、己の魂に目覚められますことをお祈りいたします。

 どうか、原書、関連書籍にふれ、1人でも多くの方々の“真の目覚め”のきっかけになれば幸いです。

        オイカイワタチ 書籍案内ページ

テーマ : 「生まれ変わる地球」ワンダラーの使命
ジャンル : ライフ

プロフィール


管理人:竹佐 美智昭
出身地:島根県浜田市
現住所:岐阜県海津市
当サイトへようこそ!
facebook(フェイスブック)で、
“心の同志” 求めます!
是非ご覧下さい。─ メッセージ


(注)文中のルビがブラウザーにより( )内表示となり、段落、改行が不自然となる場合がありますのでご了承ください。

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。